DMM英会話用に買ったLogicoolのワイヤレスヘッドセットH600の耳あてを交換した

5年程前からDMM英会話を、たまに契約してレッスンを受講していて、ワイヤレスヘッドセットは欠かせないアイテムになっています。

ちなみにDMM英会話は、講師の質は色々で、それがかえって面白いです。

素晴らしい講師はもちろん予約が取りにくいですが、変わった先生もたまに受けとかないと実践では対応できないことが多々あるので、いろいろな講師と話すのをおすすめします。

DMM英会話を始めた頃はBluetoothヘッドセットを使っていましたが

  • ペアリングがたまにコケる
  • 無線LANと干渉する(特に近くでiPad使っていると顕著)
  • 電子レンジを使うとノイズが入る

といった不具合に度々悩まされてたどり着いたのが、LogicoolのH600というヘッドセットです。

2016年当時にアマゾンで5029円で購入しました。

ただH600は既に廃盤になっていて、現在は形は一緒で色違いのH600rという製品になっています。

(新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で、在宅勤務で使用され在庫が減少して値段はめちゃくちゃ高騰してしまっています。)


このH600は、専用のUSBドングルを使って通信するタイプでBluetoothと同じ周波数帯を使っているのに安定していてDMM英会話で使用していても何ら不都合を感じたことがありません。

でも購入して4年が経過しイヤーパッド(耳あて)のスポンジが経年劣化で穴が空き始めて耳が痛くなってきました。

H600rに買い換えようとしましたが、本体がまだ使えるのでもったいないです。

そこでイヤーパッドだけを交換することを検討しました。

アマゾンで「イヤーパッド 65mm」と検索して出てきた安価なものを買ってみました。


交換してみた結果が、下記写真です。

かなり分厚くなってしまいました(笑)

でも装着してみるとそれほど痛くなったりはしません。

圧迫感はありますが、音の聞こえはかえって良くなったのでOKとしました。

数百円でこの結果は正直満足です。

しかも慣れてきたら超快適です。

Amazonではもっと薄手の65mmも売っているので、圧迫感が気になる場合は薄手のものにしても良いかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする