Three SIM実際に使ってみたので使用レビュー

先日ドイツとオーストリアに2週間出張に行ってきた時に、先日下記記事に書いたSIMカードを実際に使ってみました。

ドイツとその周辺国に出張の予定があり、今どきスマホが使えないとめっちゃ不便なのでAmazonで買えてヨーロッパで使えるSIMを探しました。42カ国で使えるのに結構安いので失敗しても問題ないかなと思っています。出張から帰ったらレビューします。
スポンサーリンク
レクタングル(大)

使用方法

まずAmazonで購入した際のお店からメールで下記APNの設定方法の連絡がありました。

iPhoneの場合
設定 > モバイルデータ通信 > モバイルデータ通信ネットワーク
からAPNの欄に下記設定を行います。

APN:three.co.uk
ユーザー名:なし
PW:なし

データローミングのONの設定
設定>モバイルデータ通信
からデータローミングをONにする。(※イギリスのみデータローミングはOFFにする)

Androidの場合
設定 > その他の設定(無線とネットワーク内の欄) > モバイルネットワーク > アクセスポイント名> +(右上の欄) > APNの欄に指定の文字を入力(名前の設定は自由) > 右上の3点マークから保存を選択 > 作成したAPNを選択

下記設定を行います。

APN:three.co.uk
ユーザー名:なし
PW:なし

データローミングのONの設定
設定 > その他の設定(無線とネットワーク内の欄) > モバイルネットワーク
からデータローミングをONにする(※イギリスのみデータローミングはOFFにする)

私はauのGalaxy S7 edgeをSIMフリーにしたものを持っていて機内で到着前に、SIMを交換して上記APNの設定(Android)をしました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

実際に使ってみた

そしてミュンヘンの空港に到着次第スマホの電源を入れたところ、ローミングは開始しましたが、通信は開始されませんでした。

そしてそのまま放置して10分ほど経過したところで、Threeからショートメールが届き、同時にAPNを自動で設定する案内が届きました。

スクリーンショットを取ればよかったですが失念しました。

APN設定案内の画面に”Install”というボタンがありましたので、迷わずボタンをタップしてAPNの設定をしたところ、問題なく通信ができるようになりました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

出張の目的地がミュンヘンから電車を2回乗り継ぎ1時間半ぐらい離れたところでしたのでGoogle Mapが必須でしたが、3G通信でも結構快適に使用できました。

逆に快適ということは通信量は比較的消費してしまうんですよね。

ドイツからオーストリアに移動して2週間の滞在して1GBあった通信量の残りが30MBだったのでギリギリでした。

最後の3日間は結構我慢したので2週間の滞在ならもう少し通信量が合ったほうが、良いかと思います。

電車に乗っている際や車で高速道路を移動している時にたまに電波が途切れることが、ありましたが、概ね快適だったと思います。

次回の出張もこのSIMを買おうと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

通信残量の確認方法

ちなみに下記サイトの”Register here”からSIMを登録すれば通信残量が確認できるようになります。

My 3 account gives you all the convenience and control of your account you could ever need - both here and on your handset.

また残量を増やす場合(top-upという用語は覚えておきましょう)は下記サイトが非常に参考になります。

ただし、top-upの料金はあまりお得ではないので、予めSIMを複数枚買って置くのも手かと思います。

ヨーロッパ周遊に最適なプリペイドSIM Three プリペイドSIMのチャージ(top-up)方法を詳しく解説します。「Threeデータ通信専用プリペイドSIM」はヨーロッパのほとんどの国で利用可能、1GBで2

快適な旅の助けになれば幸いです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする