[J2 横浜FC]第4節アルビレックス新潟戦観戦記

3/17(土)

横浜FC VS アルビレックス新潟

ニッパツ三ツ沢球技場

スポンサーリンク
レクタングル(大)

観戦メモ

  • 外人だよりのチームで全体でやりたいことが不明。
  • イバの体力がある内にどんどんボールを集めてチャンスを作るべき。
  • ジョンチュングンの突破力をもっと生かして、精度の高いパスを供給するようにチーム全体で協力すべき。
  • カルフィンと他のディフェンスのコミュニケーションがまったくないからディフェンスの連携は全く無い。
  • 度重なるGK山本海人の落ち着きの無さで失点をしてしまったことによる雰囲気の悪さは非常に残念。もっと落ち着いてプレーしよう!それでだけで相当変わるはず。
  • 渡邉一仁のポジションニングの意図が全く理解できなかった。ボランチとしてボールを貰うなら貰う前にその後のプランを考えよう!攻撃のスイッチを入れる重要なポジションなのに、ボールをもらう位置の中途半端さと、その後のプランの無さで、全体が全く推進できず逆襲を食らう超悪循環が試合全体を通してみられた。もっとも周りのサポートも無さ過ぎるのも問題。
  • 皆があと一歩二歩頑張って動いてサポートしないと、とてもとてもプロの試合とはならないかな。
  • 三ツ沢の雰囲気は良いので、もうちょっとプロフェッショナルな試合がみたい。
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする