乾電池の液漏れに対処する方法

先日娘に「パパ、電池が液漏れしてるよ」と言われて見てみたら、娘のオモチャに入れてたイケアで買ったアルカリ単3電池が見事激しく液漏れしていました。。

先に言っておきますが、どんなにデザインがオシャレでもイケアの電池は絶対買っては駄目です。今までの経験上100%液漏れします。しかも液漏れの仕方が半端無い。

まぁそもそも娘が液漏れを指摘すること自体もビックリでしたw 余談ですが。。

そもそもこの液漏れどうして起こるのかというと。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

液漏れの理由

今回付けていたオモチャですが、一見メカ的なスイッチに見えるスイッチはセンサタイプのようで、使ってないときも常時電流が微量に流れるタイプでした。

そうなると電池の残量を超えても強制的に電流が流れる状態となり、これを放置していると、中の電解液が分解されてガスが発生してしまい中から電解液が漏れ出すことになります。

それに気付かず、さらに放置したのが上記写真の状態ですね。

出てくる液体は非常に強いアルカリ性の水酸化カリウムですので、直接触れないようにティッシュか何かで取り除いて廃棄するようにしてください。

液漏れの被害

でこうなるとオモチャ側の電池の端子に、液漏れした水酸化カリウムが激しく付着してしまいます。恐らく端子の腐食も進んでいるようです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

対処法

こんなとき、何をすればよいかと言うと。。

レモンを用意してください。レモンの酸性で中和することができるんです。

我が家では常時生のレモンを用意するのはコストが掛かるので、ポーションタイプの液体のレモンを常備しています。

これは、メロディアン パッとそのままレモンという商品です。

1パッケージにポーションタイプが30個入っていて、ポーション1つは3mlで少量なので、こんなときにも使いすぎず経済的です。

下記Amazonのサイトで売ってますので参考までに。


メロディアン パッとそのままレモン 30個入

以前はポッカレモンも使ってました。


ポッカサッポロ ポッカレモン100 70ml

使い方は綿棒の先に、このレモン汁を浸して、そのまま該当の箇所にヌリヌリします。

意外と簡単に溶けていくのでびっくりするかと思います。

隙間に入り込んでしまった、析出したカリウムにも塗ると取れます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

今回の場合は、こんな感じになりました。

今回はだいぶ腐食が進んでたので、このぐらいが限界ですね。最後にPCのホコリ取り使うブロアーでエアを吹いて中和した汁を飛ばしましょう。中和はしていますが、念の為ベランダか外で人体にかからないようにしましょう。

新しい電池を入れて、無事おもちゃは復活しました。

まとめ

  • 普段から準備するためにレモン汁を常備しましょう。
  • 電流を多く消費しない機器は、マンガン電池にしましょう。
  • イケアの電池は絶対にやめましょう。
  • お子様が触らせないように、見つけたらすぐ報告してもらうようにしましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする