ミナミヌマエビが抱卵した

昨年のステイホーム期間中にメダカを飼い始めていたんですが、メダカだけだと寂しくなって年末にホームセンターのペットコーナーでミナミヌマエビを5匹購入しました。

事前にネットで調べたらメダカと混泳できるのは、ミナミヌマエビだけだったので、ピンポイントで狙いましたね。

5匹セットで550円でした。

ちなみに5匹のうち1匹は1週間で白くなって死んでしまいました。

その後は4匹は問題なく元気に育っています。

面白いのはミナミヌマエビは、頻繁に脱皮することです。

4匹いて3日に1回ぐらいの頻度で脱皮を見かけるので、2週間に1回は脱皮している計算でしょうか。。

数日前に、ふと朝に水槽を覗いたら、水草にぶら下がったミナミヌマエビのお腹にツブツブが!

ネットで調べたら卵だってことが分かりました。

他にも調べると

  • 冬は孵化まで1ヶ月ぐらいかかる。
  • 卵は孵化するまで親が抱卵している。
  • メダカと混泳していると稚エビはメダカに食べられてしまう。。

同じ水槽の中で稚メダカをネットの中で飼っているので、抱卵したエビだけネットの中に入れて育てたら稚エビが食べられなくなるかな。。

稚エビに出会えるが楽しみ!

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする