東京ガスの「電気」から楽天でんきに乗り換えた

今年の2月に電力会社の契約を”東京ガスの「電気」”から楽天でんきに乗り換えました。

大きな理由としては去年に記事にしましたが”東京ガスの「電気」”がクックパッドの人気順検索を契約者向けに無料で提供していたサービスが終わってしまったことが大きいです。

普段から家族で料理を楽しむ家庭としては、ガスと電気をセットで契約するだけで電気代が安くなり、さらにクックパッドのプレミアム会員(月額280円(税抜))相当のサービスが受けられるメリットは大きかったんですが2019年6月で終了しました。

7月以降に他のでんき供給サービスを見てはいましたが、魅力的なところは無く年末ぐらいに楽天市場で買い物をしたら、楽天でんきというサービスを見つけました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

楽天でんきが魅力だったのは

  • 契約時に2000ポイントがもらえること(私の場合2800ポイントもらえました)
  • 普段の楽天の買い物に追加で0.5倍のポイントが付く(最大5000ポイント)
  • 電気料金が非常に明瞭で基本料金が0円!

です。

基本料金が0円ということですが、本当にお得なのか私が過去1年に使った電気量を入力したシミュレーションを実際にしてみたところ総じて10%以上安くなることが分かりました。

興味を持った方は、まずは下記サイトで電気料金シミュレーションをしてみるのが良いと思います。

キャンペーン

正直2月のことなので、まだ継続しているかは不明ですが、さらなる特典として、楽天モバイルの店舗に行くと楽天でんき共同キャンペーンを実施しています。

楽天モバイルの店舗で楽天でんきのチラシを貰うと店舗コードが記載されています。

この店舗コードを申込時に入力すると追加で500ポイントもらえます。

私がチラシを貰った楽天モバイルの店舗は、「楽天モバイル 横浜ジョイナス店」です。

その時のチラシが以下になります。

ポイント獲得

ポイントの獲得は実際に楽天でんきの契約が始まったあとの3ヶ月後でした。

先日ようやく3ヶ月経ったので楽天ポイントのサイトにアクセスしてみると、無事2800ポイントが加算されていました!

期間限定のポイントですが、有効期限が半年先と長くポイント消費に悩む必要はありません。

電気量の見える化

楽天でんきに契約すると、まず電気メーターがスマートメーターと呼ばれる、電気量をネットを介して検針できる装置に交換する工事が入ります。

このスマートメーターの素晴らしいところは、自分の楽天でんきの契約者サイトから自分が使った電気量が1時間おきに更新されて電気量の見える化ができるようになります。

これは、とある日の我が家の電気量を見える化したものですが、棒グラフがその日の電気量で、折れ線グラフが前日の電気量になります。

キッチンはIHを使っているので昼食時と夕食時の消費が高いことが分かり、また家の中でサーバーが動いているので1日中ある一定量の電気を消費していることも分かります。

おかげで省エネの意識も強くなりますし、また電気料金に対して0.5%の楽天ポイントも貯まるので微々たる量ですが助かりますね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする