おうちで飲めるヴァイツェンビール番外編:
グラスを探してみた

すでに4回ほど「おうちで飲めるヴァイツェンビール」と題して身近で買えて気軽に飲める南ドイツで有名なヴァイツェンビールを紹介する記事を書いてきましたが、実は一つ納得がいっていないことがありました。

それは「グラス」です。

ヴァイツェンビールは酵母が漂っているのが特徴なんですが、私が使っているグラスは内側に泡立ちが良くなる加工(凄く細かい凹凸)がしてあって、外から見るとすりガラスみたいになっているんです。

当然ですが、ビールの色の状態がわかりにくい。。結果として伝わりにくい。

というわけで、ヴァイツェンに相応しいグラスを探してみることにしました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

常陸野ネストビールのヴァイツェングラス 450ml

まずは楽天市場で見つけたとってもリーズナブルなヴァイツェングラス「ヴァイツェングラス/Hitachino nestbeer Weizen Glasses 」

容量は450mlで350ml缶は1回で余裕で入りますね。

ヴァイツェンと明確に謳っているグラスで、香りがうまく伝わるように飲み口のあたりがふわっとなっている形状の工夫がしてあってとっても良いですよね。

しかも価格が540円というのもリーズナブル。

最初はこれだ!って思ったんですが、ブログを書く上で常に常陸野ネストビールのロゴが入っているのは、ちょっと問題でして、しかも送料が972円もするんで断念しました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

LIBBEY ビールグラス LB-006 473ml

次はAmazonで売っているLIBBEYっていうアメリカブランドのグラスのLB-006でこれもヴァイツェンを入れるために開発されたものです。

473ml入るんで、350mlぐらいのビールに対してはちょっと大きめです。

価格は864円で、これまたリーズナブル!しかもAmazonなので送料は無料。

これに決めた!と思ったんですが、何と納期が1~3ヶ月。。。

とほほで断念です。

悔しいので東急ハンズまで見に行ったんですが、なんとLIBBEYのグラスは売っているのに、このヴァイツェン用のグラスだけが置いてない!!

マジ事件ですよ。。。。

ちなみに高島屋にも寄りましたが、ビアグラスはほとんど置いてなかったです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

Seriaのビアグラス G-LIFE デカグラス420

はい、東急ハンズに行った帰りに、とぼとぼと歩いていたらSeriaがありまして、まぁ半分は冷やかしで入ったんですが、なんとまぁ素晴らしいグラスに出会ってしまいました。

G-LIFEというブランド名を付けたのビアグラス「デカグラス420 B1015」です。

株式会社ホリコシというガラスや陶器の卸をやっているところが発売元と書いてありました。

タイ製とも書いてありますね。

容量は425mlで泡の部分も考えたら凄くちょうど良いですね。

形も上の部分がふっくらしていて香りを多少閉じ込めてくれそうです。

まぁ見ての通り買ってしまったが後の写真ですが、Seriaなので価格は108円でしたー。

めでたしめでたし。

しかも食洗機対応というのも嬉しいです。

まとめ

予想外に身近な100均Seria(セリア)で手に入れるとは思いもしませんでしたが、ビールの色が良く見えるという目的だったので、何の問題も無いです。

今後はこのグラスを使って「おうちで飲めるヴァイツェンビール」を伝えていきたいと思います!

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする